<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ひさしぶりの話 | main | 2013/02/01 >>
# 2013/01/27
 また久々に此処へ来た。

フェイスブックだとかラインだとか、
結局私はついていけないらしい。

HPやりたいけど、何だか昔ほどは・・・

年末から飲み会だ、仕事だと言っては不摂生な生活を送り、
年始年始で一番激務な日々を送りロクな生活ではなかった
・・・と思う。

昨年末あたりから体の不調も多く、やたら風邪をひき、
あーもうちょうど体が変わってくる年かなとか思っていたら
ついに2週間前にインフルエンザにかかってしまった。

ちょうど成人の日だったため病院が休みで、
朝からフラフラしていたけど
結構熱が高いしどうせ病院に行かないといけないと思って
会社に出勤したけれど、ひどい悪寒と関節痛、
そして頭痛でとても立っていられなかった。

その日は雨で寒くてつらかった。

会社の保健室で教えてもらった休日救急病院は
家とは逆方向で負担が大きすぎて耐えられないと感じ、
更衣室でノロノロ着替えながらネットで検索して
帰りの方向と同じ病院へ電車で向かった。

が。駅についてから道に迷い、やっと着いたと思えば
休日の病院は重症者で溢れていて2時間待ち。

何をしていたのかも覚えていない。
ただ私一人がいかにも会社を早退しました。
という服装だったことだけ覚えている。

こんな時だけいつも一人暮らしがつらいと思う。

結局B型インフルエンザで治りが悪く、
会社は隔休を挟んで2日、早退した日を含め合計5日休んだが
それでも完全に治らず。

1日だけ出勤してそのままシフトに組まれていた通り
1週間の有休に入り実家に戻ることにしたのだけど
学生以来久しぶりにバスを利用した。

4時間ほどなので、
新幹線を使う場合の2倍時間はかかるのだけど
何だかゆっくり景色を見ながら帰りたかった。

それに正直、料金も新幹線の往復の2分の1。
ここしばらくあまり夜の仕事に行っていなくて、
そんなに余裕があるはずもないので、
そういう意味でもバスを利用しようと思った。

小説を買ってバスに乗ったので、あっという間だった。
本当は少し遅い時間にして神戸の夜景が見たかったけど、
親が心配するのでそこそこの時間にした。

外はまだ明るい時間帯だったので、
景色がよく見えて何だか本当に懐かしかった。

インフルエンザで憔悴しきっていたせいもあって
親にあうとその安心感に自分でも驚いた。
いつも親孝行なんて出来ていなくて、
何かしてあげたいと思うのにいつも与えてもらってばかりで・・・

ありがとうしか言えなかった。

そして大阪に先日戻ってきてから、
いつもの人と久しぶりに会った。

木曜日に戻ってこいよって言われていたし、
仕事が始まるのに1日はこちらでもゆっくりしたくて。

いつもどおりの会い方。

しかし送ってもらって部屋に戻ってすぐ、
携帯が鳴る。しかもバイブ音が私の携帯じゃない。

彼の携帯がなぜか私のカバンの中にあって慌てた。
もうひとつ携帯持ってるかな?
そちらに私の番号が登録されていたら・・・と思いかけたが
鳴るのは自分の手元にある彼の携帯電話。

勝手触るわけにはいかないし、
でも彼は私の部屋に来たことは2回しかなくて
部屋番号を覚えているはずもないのはわかっていて
仕方なくロビーでしばらく待ったけど、戻ってくるわけもない。

2台携帯があったとしても、やはり両方携帯がないと
不便だし何となく落ち着かない気持ちがわかるから
何とかしたかったけど共通の知り合いもいない、
こんな長い付き合いなのに本名を知らない
まさに連絡の取りようがない。

仕方なく、朝起きてホテルに電話して
こういう人がいたら連絡くださいと伝えて
会った場所から一番近い警察に届けるしかないと考えていた。

夜仕事だったのが非常に出勤したくなくて、
遅刻気味で準備して警察署に向かっていたら
お店のスタッフからメールが入っていて
”こちらの番号に連絡してほしい”と私宛に連絡があったから
連絡しておいて。と言われて連絡したところ彼につながった。

もう少し遅かったら警察に届けてしまった後だったよって言うと
警察って。アホか、そこまでせんでもいいから(笑)と言われたので
しばらく預かることになった。

人の携帯が、特に私なりに大切に思っている人の携帯が
私の部屋にあると何だかすごい違和感を感じる。

決して見ることはないし見たいとも見ようとも思わないけど、
その存在だけで空気が乱れるというか。

ただの機械なのに、彼に返すと少し寂しくなりそうで。
きっとすぐに感情は元に戻るだろうけど1日くらいは寂しく感じる気がする。


何だかいつもとは違うことばかり起こった2週間だった。
とりとめもなくいろいろ書いたけど、、
| comments(0) | - | 02:29 | category: 日常 |
# スポンサーサイト
| - | - | 02:29 | category: - |
コメント
コメントする









Latest Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Vespertine

 
2007/02/07〜 restart

瞳(ひとみ)
・2002/06〜2010/12
 →キャバクラ
・2011/02〜
 →販売職
・2011/06〜
 →昼職と掛け持ちで
  現在週2日ほど出勤

ブクログ

Search this site
Sponsored Links